11個の相性で人間関係を分析する

2016/08/24
05:58 (UTC+09:00)
太陽:女宮 01°08′
月:牛宮 14°08′
2016/08/24
05:58 (UTC+09:00)
太陽:女宮 01°08′
月:牛宮 14°08′
  • ※左図に表示されます

    年  月 

    時 
  • ※出生時刻が分からない場合は12:0のままでok

    年  月 

    時 

 

【 究極の相性占い 】

宿曜占星術は、特に相性占いに抜群の効果を発揮する占術として知られています。そのため対人関係の悩みや、恋愛関係や結婚におけるパートナーとの相性について積極的に使われています。もちろん個人の運勢など占うことも可能です。

人生は仕事や恋愛のパートナー、仕事仲間との相性で決まると言っても過言ではありません。
あなたと相手がどのような相性か分かれば、冷静に一歩下がって関係を見つめ直すことができます。悩み解決のヒントを得られる可能性もあるでしょう。

【 宿曜占星術の歴史 】

宿曜占星術とはインドの占星術をベースにした日本古来の占いです。
その歴史はとても古く、今から約3000年以上前から使われていたと言われています。
太陽の動きを基にした占いである「西洋占星術」とは対照的に、月の動きを基に占うのが大きな特徴です。

この占いを日本に広めたのは、なんと弘法大師として知られる空海です。
言わずと知れた超天才である空海は、インド占星術をまとめた経典を熱心に研究し、日本でも活用できるように独自にアレンジしました。そして誕生したのが宿曜占星術というわけです!

国の政策を占いで決定することも多かった当時、宿曜占星術も政治判断の手法として使われ始めます。
すると、たちまち当たると評判になりました。あまりの的中率の高さに、その使用の禁止令が出たとも言われています。
織田信長や徳川家康をはじめとする歴史上の人物達は、国を治める際の判断材料として密かにこの占いを使っていたとされています。